文藝春秋digital

【アーカイブ動画】編集長対談・女性誌生存戦略——歩むべきは「王道」【オンラインイベント】

【アーカイブ動画】編集長対談・女性誌生存戦略——歩むべきは「王道」【オンラインイベント】

◆「王道」を歩み続ける女性誌編集長の対談、本日開催出版不況の昨今、雑誌業界が厳しいと言われています。とりわけ女性誌は苦境に立たされています。2020年から2021年にかけてはコロナ禍の影響もあり、『JJ』『ミセス』などの老舗雑誌が立て続けに休刊を発表。業界に衝撃を与えました。 そんな“女性誌冬の時代”において、圧倒的な存在感を放つ2誌があります。 『家庭画報』(世界文化社) 『Precious』(小学館) 両誌ともに富裕層をメイン読者に想定した「王道」を歩みづつけるラグ

スキ
10