文藝春秋digital

2度目の緊急事態宣言。飲食業界の坂本龍馬がいたらよかった|林伸次

2度目の緊急事態宣言。飲食業界の坂本龍馬がいたらよかった|林伸次

2度目の緊急事態宣言の発出からまもなく2週間。渋谷のワインバー「bar bossa」の店主・林伸次さんは、1度目の緊急事態宣言が出た昨年4月に「ひとこと『補償する』と言ってくれれば」を寄稿しました。飲食業界を襲った“2度目の危機”を林さんはどう見ているのでしょうか。 ◆文・林伸次(はやし しんじ) 1969年生まれ。徳島県出身。渋谷のワインバー「bar bossa(バールボッサ)」店主。 note:bar_bossa Twitter:@bar_bossa Facebookペ

スキ
75
林伸次 居酒屋やバーは消えてゆく|特別寄稿「 #コロナと日本人 」

林伸次 居酒屋やバーは消えてゆく|特別寄稿「 #コロナと日本人 」

新型コロナウイルスは、世界の景色を一変させてしまいました。文藝春秋にゆかりのある執筆陣が、コロナ禍の日々をどう過ごしてきたかを綴ります。今回の筆者は、林伸次氏(Bar Bossa店主)です。 飲食店の参入障壁は低い 日本では、飲食店を開業する参入障壁はすごく低いことをご存じでしょうか。飲食店を始めるには調理師免許とか、お酒を扱う何か特殊な資格が必要だとみんな考えますよね。でも実は、保健所に行って、一日講習を受けて、「食品衛生責任者資格」を取るだけで営業は始められます。

スキ
141
ひとこと「補償する」と言ってくれれば|林伸次

ひとこと「補償する」と言ってくれれば|林伸次

文・林伸次(はやし しんじ) 1969年生まれ。徳島県出身。渋谷のワインバー「bar bossa(バールボッサ)」店主。 note:bar_bossa Twitter:@bar_bossa Facebookページ:Bar Bossa ホームページ:http://www.barbossa.com/ ★前回はこちら。 ★最初から読む。 僕は渋谷で1997年から23年間、ワインバーを経営していまして、これ、みんなあまり指摘しないのですが、2000年代ってわりと景気は良かったんで

スキ
647