文藝春秋digital

【地下鉄サリン】第一印象は「真面目な研究者」だった——オウム死刑囚との「化学式」問答

【地下鉄サリン】第一印象は「真面目な研究者」だった——オウム死刑囚との「化学式」問答

14人の命を奪い、被害者が6000人を超えたオウム真理教による地下鉄サリン事件。難航を極めた警察捜査の最重要ポイントは、猛毒の化学兵器を教団が生成したと証明することだった。当時、科捜研の研究員だった服藤氏が捜査秘話を明かす。/文・服藤恵三(警視庁元科学捜査官) 服藤氏 科捜研の捜査秘話「急いで頼みます」 その捜査員が、警視庁科学捜査研究所(科捜研)に駆け込んできたのは、1995年3月20日月曜日の朝9時5分頃でした。 「築地駅構内に停車中の、車両床面の液体を拭き取った

スキ
11