マガジンのカバー画像

文藝春秋digital

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事が読み放題&イベント見放題のサービスで… もっと読む
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュ… もっと詳しく
¥900 / 月
運営しているクリエイター

#光通信

『文藝春秋digital』2022年6月ラインナップ

■会員限定イベント●6月8日(水) ・新庄剛志「薬物使用」の過去 抜き打ち検査で「陽性」も、詳細は伏せられ、その年に引退―― 鷲田康(ジャーナリスト)+本誌取材班 ●6月10日(金) ・プーチンが最も殺したい男の告白 M・ホドルコフスキー(オリガルヒ・石油会社「ユコス」元代表)「ウクライナ侵攻は彼の個人的な動機から始まった」 ・「性暴力」私は負けなかった 卜田素代香(仮名)「暴行後『証拠が残るからシャワーを』と男が強いてきました」 ・新連載 外事警察秘録②「日本赤軍との闘い

スキ
4

丸の内コンフィデンシャル「みずほ社長人事の裏で、三つ巴のEV戦線、光通信御曹司の介入」

日本の経済の中心地、東京・丸の内。敏腕経済記者たちが“マル秘”財界情報を覆面で執筆する。 ★みずほ社長人事の裏でみずほフィナンシャルグループのトップ人事が決まった。坂井辰史社長の後任は木原正裕執行役・みずほ銀行常務が昇格する。また会長には副社長の今井誠司氏が就く。 新社長の木原氏は、木原誠二官房副長官の実兄だということもあって、大きな注目を集めている。 「一橋大学出身で学生時代はアイスホッケー部の主将。ざっくばらんな性格で、日本興業銀行入行直後から幹部候補生とみられてい

スキ
4

丸の内コンフィデンシャル<財界インサイドレポート>

日本の経済の中心地、東京・丸の内。敏腕経済記者たちが“マル秘”財界情報を覆面で執筆する。 ★世襲NOの真意 2019年度は4期連続の最高益を見込むファーストリテイリング(柳井正会長兼社長)。18年11月に柳井氏の息子である柳井一海氏と康治氏が取締役に就任し「すわ世襲か」と目されていたが、当の柳井氏は「息子たちに経営者はやらせない」と明言。取締役CFO兼グループ上席執行役員の岡﨑健氏や、全社を挙げたサプライチェーン改革である有明プロジェクトの責任者で上席執行役員の神保拓也氏な

スキ
6