マガジンのカバー画像

文藝春秋digital

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事が読み放題&イベント見放題のサービスで… もっと読む
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュ… もっと詳しく
¥900 / 月
運営しているクリエイター

#治験

“有効性95%”コロナワクチン被験者に訊く25の疑問。「注射は何回?」「どんな症状が?」……

新型コロナウイルスのワクチン開発に世界的な期待が高まる中、11月18日にアメリカ製薬大手ファイザー(Pfizer)が「臨床試験(治験)が完了した」と発表した。同社によると、ワクチンの有効性は95%。深刻な副作用もなく、今後、当局に緊急認可申請を行なっていくという。 現時点で、コロナワクチンの情報は少ない。そんな中、筆者はファイザーのコロナワクチンの被験者に話を聞くことができた。 ミケル・フェルナンデス・バロス氏。1981年12月13日生まれ、アメリカ合衆国オクラホマ州在住

スキ
13