文藝春秋digital

短歌|陣崎草子

短歌|陣崎草子

兄妹の喉石 大人らの毒を飲みこみ喉青く光らせまくる少年がいる 少年と少女はぎゅうっと手を結び巨大滑り台見下ろせり 涙洟血汗唾吸いぐしゃぐしゃのちり紙をまだ使うのだとか 妹の吐きだす赤石握りしめ青石に変える酷い火傷し 父さん母さんそのほか大人たちみんな幼すぎ地球の約束ごととか 妹よ恋をしてこい狂暴に守る兄とは似てない存在(なにか)に 青い蝶こまかく千切り燃やすこと 悪いが今は殺させてやれ

スキ
11