マガジンのカバー画像

文藝春秋digital

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事が読み放題&イベント見放題のサービスで… もっと読む
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュ… もっと詳しく
¥900 / 月
運営しているクリエイター

#中国史

文化大革命で見た姿 毛丹青

著名人が母親との思い出を回顧します。今回の語り手は、毛丹青さん(作家・神戸国際大学教授)です。 文化大革命で見た姿2020年4月8日、北京に住む母、劉志琴が病気のため死去した。その頃、新型コロナの世界的な感染拡大が始まり、日本と中国を結ぶ飛行機や客船は全面停止に。私は中国に渡れず、母の最期を看取ることが出来なかった。 最後の会話は亡くなる2週間前。携帯電話のテレビ通話を通してのものだった。通話の最後に、母は私に「你好、我就放心了」と。あなたが元気なら、私は安心です。それが

スキ
12

出口治明さんの「今月の必読書」…『教養としての「中国史」の読み方』

気鋭の学者による「君子の交わり」に向けた道標現在、アメリカと中国の対立が激しさを増している。日本の立場はまことに辛いものがある。アメリカの機嫌を損ねない範囲で中国と仲良くしなければ、日本の繁栄は覚束ないからだ。加えて、中国は理解がなかなかに難しい隣国ときているから、尚更である。中国を理解するにはどうしたらいいか。人を理解するためには、その人の来歴、即ち履歴書を読むように、国を理解するには歴史を紐解くしかない。しかし4000年の歴史を紐解くのは大変だ。手練れの水先案内人が必要だ

スキ
8