文藝春秋digital

【最終回】英エコノミスト誌記者「イラン幽囚記」

【最終回】英エコノミスト誌記者「イラン幽囚記」

「友人は『トラウマを抱えた人質』と呼んだが、むしろ私は、単純にテヘランでの生活を楽しんだ」/文・ニコラス・ペルハム(英エコノミスト誌中東特派員) ペルハム氏 最大のユダヤ教社会へ しかし私は行かなかった。午後1時までペルシア語教室があったからだ。また、礼拝に行くことの危険性を感じたからだった。とりあえず眼鏡を新調するための「調査」を継続することにした。 すると同じ通りに、今まで気づくことのなかった扉があることを発見した。入口をくぐり、階段を2階まで上った。色彩の施され

スキ
3