文藝春秋digital

読んではいけない「反ワクチン本」 忽那賢志(大阪大教授)
+6

読んではいけない「反ワクチン本」 忽那賢志(大阪大教授)

「遺伝子改変」「不妊」「成分が体内に残る」……あらゆる偽情報を検証する。/文・忽那賢志(大阪大教授) 忽那氏 反ワクチン論者は不安につけこんでいるいま日本国内で新型コロナワクチン接種が急ピッチで進められています。8月末時点で2回接種を終えた人の割合は、総人口のうち約45%に達しました。 ワクチン接種が進む一方で、新型コロナワクチンの危険性を喧伝する「反ワクチン本」が多数出版されています。その内容を見ると、「遺伝子改変が起こる」「不妊になる」など、医学的に誤った情報があふ

スキ
641
反リベラルでトランプ支持…アメリカ大統領選を揺るがした「Qアノン」の正体

反リベラルでトランプ支持…アメリカ大統領選を揺るがした「Qアノン」の正体

アメリカの分裂が生んだ陰謀論者たち。その存在は大統領選挙の後も消えることはない。/文・渡辺靖(慶応義塾大学教授) <この記事のポイント> ●Qアノンとは2017年に確認された陰謀論の信奉者。その特徴は、反民主党、反リベラル、そしてトランプ支持 ●Qアノンはコロナで増殖した。不満、不安、怒りによって生じた心のすきまに陰謀論が入り込んだ ●社会の分断が露呈しつつある日本でも、Qアノン的なものが広まる素地がある フォロワーは300万人を超えた あれは2018年2月のことだった

スキ
13