文藝春秋digital

“メガバンク初の理系出身”三菱UFJ社長「圧倒的な金融プラットフォーマーへ」

“メガバンク初の理系出身”三菱UFJ社長「圧倒的な金融プラットフォーマーへ」

三菱UFJフィナンシャル・グループ社長の亀澤宏規氏(58)は東京大学大学院の数学科を修了した後、86年に三菱銀行(当時)に入行。市場部門や融資企画部署を経て、16年からグループのデジタル戦略の中心的な役割を担ってきた。文系・経営企画部出身という従来のトップ像と異なるメガバンク初の理系出身社長として注目されている。 「エンゲージメント」を重視した経営 今年4月、三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)の社長に就任して私がまずやったのは、若手との意見交換、オンライン面談

スキ
13
コロナショックで「貸し渋り」など絶対にしない|三井住友FG社長・太田純

コロナショックで「貸し渋り」など絶対にしない|三井住友FG社長・太田純

三井住友フィナンシャルグループの太田純社長(62)は、1982年に旧住友銀行入行。プロジェクトファイナンスを手掛ける投資銀行部門を歩み、昨年4月に社長に就任した。今年3月期決算では、現行の3メガバンク体制になってから初めて、最終利益で三菱UFJフィナンシャル・グループを抜き、首位に立った三井住友FG。そのトップが語る「コロナ後の銀行業」とは。 経済の回復はまだ先 緊急事態宣言が発令されている間、週2日は在宅勤務という生活を送りました。グループ全体としてはリモートワークが進

スキ
18