文藝春秋digital

特集 HIMALAYA ヒマラヤからの神託

特集 HIMALAYA ヒマラヤからの神託

“世界の屋根”と称されるヒマラヤの山々に魅了される者は多い。「その美しさがここ数年、変わってきた」と写真家の谷口京は語る。地元ネパールの人々も同じことを感じるという。/写真=谷口京 ヒマラヤ山脈で標高約8848mのエベレストが、もっとも最後まで夕日を浴びる。右は標高世界第4位のローツェ 写真家として15年以上前から、ヒマラヤ登山や氷河遠征のためネパールを訪れています。国土の半分近くをヒマラヤ山脈が占め、名峰がひしめいています。 東京から首都カトマンズまでは直行便で8時間

スキ
4