文藝春秋digital

「優勝してしまった」早稲田|小宮山悟

「優勝してしまった」早稲田|小宮山悟

文・小宮山悟(早稲田大学野球部監督) 「嘘だろ?」 そう思ったのも束の間、澄んだ音を残して打球は神宮球場のバックスクリーンに飛び込みました。 11月8日、慶應義塾大学との東京六大学野球秋季リーグ優勝決定戦。1点ビハインドの9回表2死から8番打者の蛭間拓哉が放った逆転2ランでした。 打ったのは慶應の左投手、生井惇己君が投じた初球のスライダー。蛭間は打席に入る前に「ストレートを狙う」と言っていましたから、まったくの想定外でした。 隠れたヒーローは蛭間の前に2死から出塁し

11