マガジンのカバー画像

文藝春秋digital

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事が読み放題&イベント見放題のサービスで… もっと読む
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュ… もっと詳しく
¥900 / 月
運営しているクリエイター

#プロレス

Tシャツを着て、また町へ出よう 佐藤究

文・佐藤究(作家) イベント会場での物販の華といえば、〈Tシャツ〉だ。 音楽やプロレスなどのライブ興行に足を運ばれている方なら、Tシャツコーナーの熱気に満ちた人だかりをよくご存知だろう(パンデミック以前の光景ではあるが)。 ほとんどライブに行かない方は、おそらくこう思うはずである。「なぜTシャツが物販の華なのか?」 答えはもちろん、「売れる」からだ。最近だと映画館でも上映作品の限定Tシャツが販売されたりしている。 好きなアーティスト。 好きなプロレスラー。 好き

スキ
10

アントニオ猪木インタビュー「私の北朝鮮外交『訪朝33回』すべてを語ろう」

「私はスポーツ外交ですから」「私はイベント屋の一人だからどうしてもその視点で北朝鮮を見てしまう」と語る猪木氏だが、実は日朝外交で重要なのは「経済」だと主張する。長年、関わって見えてきた北朝鮮という国との“猪木流”付き合い方とは?/文・アントニオ猪木