文藝春秋digital

【核心レポート】かんぽ生命は「傲慢、無責任、野放図」の殿堂だ!

【核心レポート】かんぽ生命は「傲慢、無責任、野放図」の殿堂だ!

巨大な「票と財源」を持つ組織は、なぜ顧客を食い物にしたのか? 日本郵政をここまで堕落させたのは誰か? かんぽ生命問題を取材し続ける記者による渾身のレポート!/文・藤田知也(朝日新聞経済部記者) 日本郵政は幕引きを急ぐ 信頼ある郵便局のブランドを悪用し、顧客の意向に沿わない保険をお年寄りに売りまくった日本郵便とかんぽ生命保険。その持ち株会社である日本郵政の新トップに1月6日、元総務相の増田寛也氏が就任し、信頼の回復に取り組む姿勢をアピールした。 頭を下げる(左から)日本郵便

スキ
15
日本郵政公社の初代総裁が激白「日本郵政に『経営者』はいない」

日本郵政公社の初代総裁が激白「日本郵政に『経営者』はいない」

手続き上のミスか、あるいは国民を騙すかたちだったのか。いずれにしても、こんな悪質な契約を結ばせるなど言語道断。ありえない。猛省し、今こそ郵政民営化の理念を思い出せ/文・生田正治(日本郵政公社初代総裁)

スキ
6