文藝春秋digital

元朝潮・高砂親方 退任の辞「私も横綱になりたかった」

元朝潮・高砂親方 退任の辞「私も横綱になりたかった」

85年に初優勝愛弟子の朝乃山ともしあの優勝決定戦にオマエが勝っていたら――。千代の富士に言われた一言が忘れられない。/文・佐藤祥子(相撲ライター) <この記事のポイント> ▶︎現役時代の一番の思い出は、1985年3月の初優勝。3度の優勝決定戦のうち、2度は千代の富士との取り組みだった ▶︎朝潮の対横綱戦の勝ち星「40」は歴代一位の記録である ▶︎朝青龍は、とにかくよく稽古をする弟子だった。稽古場で負けて泣いたのは彼が初めて 「角界の江川君」 2020年12月9日、65歳

スキ
15
大相撲「新時代の旗手」連続インタビュー 朝乃山vs正代「次の横綱はどっちだ」

大相撲「新時代の旗手」連続インタビュー 朝乃山vs正代「次の横綱はどっちだ」

今年、そろって大関昇進。相撲界の未来を担う2人が胸のうちを明かす。/文・佐藤祥子(相撲ライター) <この記事のポイント> ●2020年に誕生した若き新大関、朝乃山と正代。そんな横綱候補の2人にインタビュー ●朝乃山は「俺は横綱になる」と口にする“有言実行”タイプ ●正代は「目標は、プレッシャーになるから口にしない」という“無言実行”タイプ “無観客開催場所”で大関昇進 2020年、大相撲界に朝乃山(26歳・高砂部屋)と正代(29歳・時津風部屋)の、ふたりの新大関が誕生し

スキ
10