マガジンのカバー画像

文藝春秋digital

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事が読み放題&イベント見放題のサービスで… もっと読む
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュ… もっと詳しく
¥900 / 月
運営しているクリエイター

#三浦瑠璃

『文藝春秋digital』2022年6月ラインナップ

■会員限定イベント●6月8日(水) ・新庄剛志「薬物使用」の過去 抜き打ち検査で「陽性」も、詳細は伏せられ、その年に引退―― 鷲田康(ジャーナリスト)+本誌取材班 ●6月10日(金) ・プーチンが最も殺したい男の告白 M・ホドルコフスキー(オリガルヒ・石油会社「ユコス」元代表)「ウクライナ侵攻は彼の個人的な動機から始まった」 ・「性暴力」私は負けなかった 卜田素代香(仮名)「暴行後『証拠が残るからシャワーを』と男が強いてきました」 ・新連載 外事警察秘録②「日本赤軍との闘い

スキ
4

【三浦瑠麗×鈴木涼美】眞子さまには“不幸になる権利”もある

私たちは、眞子さまの「小室圭さん」という“選択”を尊重してあげたい。/三浦瑠麗(国際政治学者)×鈴木涼美(社会学者) <summary> ▶︎小室さんが眞子さまについて「月のように静かに見守って下さる存在」と発言したことについて。鈴木氏は「そんなことが言えてしまう男に女は夢中になる」と語る ▶︎三浦氏は「そもそも結婚が『人生の最終解決』手段みたいな価値観は、人を不幸にする」と語る ▶︎自分で人生の選択をする行為そのものが重要で、選択を積み重ねていくことで初めて生きる意味を見

スキ
424

三浦瑠麗が語る野田聖子 「女性総理を目指すなら大義を語るべき」

アメリカ史上初の女性副大統領にカマラ・ハリス氏が就任することになり、日本でも女性政治家に期待が集まっている。女性総裁に最も近いと目される自民党の野田聖子幹事長代行(60)に足りないものを国際政治学者の三浦瑠麗氏が指摘する。 野田氏の“甘い考え” 三浦氏 まず、ハリス氏は大統領候補の座をめぐってジョー・バイデンと争った米民主党内の有力候補だったからこそ抜擢された――という経緯は見逃せません。 日本では、21年に菅義偉政権がどれだけ構造改革で成果を上げられるかが、長期政権

スキ
15

キーワードは「共感力」 民主党バイデンとは何者か

前回、なぜヒラリーは敗れたのか? 今回、バイデンはトランプに勝てるのか? アメリカ政治に精通した3人が2020年の大統領選挙を読み解く。/佐々江賢一郎(日本国際問題研究所理事長兼所長)×三浦瑠麗(国際政治学者)×渡辺靖(慶應義塾大学教授) <この記事のポイント> ●バイデン陣営には「なぜヒラリーが勝てなかったのか」という反省が足りていない ●民主党が「ブラック・ライブズ・マター」運動に深入りすると、経済軽視の罠に陥りかねない ●コロナの問題は、この数カ月間、トランプの方が有

スキ
25