文藝春秋digital

ピンチはチャンス|川内優輝

ピンチはチャンス|川内優輝

文・川内優輝(プロランナー) 2020年春。緊急事態宣言が発令された。「ステイホーム」の呼びかけにより、街から人が減り、陸上競技場は閉鎖された。公務員のまま走っていたならば、異様な社会の雰囲気の中で走れなくなっていたかもしれない。しかしプロランナーにとって走ることは仕事。緊急事態宣言下でも出勤していた人達と同様に「仕事を辞めるわけにはいかない」という理屈が成り立った。とはいえ、普通に街中で行なっていたランニングも人目を避けて、時間や場所を選んで行わざるを得なくなった。広い河

スキ
10
米国「トランプ・バブル」が崩壊! 株、債券、土地はこうなる

米国「トランプ・バブル」が崩壊! 株、債券、土地はこうなる

世界は今、パンデミックとバブル崩壊という二重のショックに見舞われている。今回のコロナ・ショックは従来の金融危機とは性質が全く異なる複合的な社会・経済危機で深刻だ。この不況は1年や2年で終わらない。/文・神谷秀樹 (投資銀行家) 「再燃ケース」が指摘されている米国は3月12、13日に欧州との往来をすべて止める措置を発表した。飛行機は飛ばず、航空会社は国際便の収入を断たれ、このままでは今年末までに手持ちの現金を失うとみられる。カジノは閉じ、ホテルも予約率は激減した。 レストラ

スキ
34