文藝春秋digital

批判も称賛も力に…大坂なおみが世界に愛される理由

批判も称賛も力に…大坂なおみが世界に愛される理由

7枚の黒マスクが人々を動かした——。22歳のスーパースター・大坂なおみはなぜ愛されるのか。/文・及川彩子(在米スポーツライター) <この記事のポイント> ●大坂は、人種差別について多くの人が考え、「反人種差別主義者」になってほしいと願っている ●オピニオンリーダーやアクティビストと呼ばれたいわけではない。感謝されることにも少し戸惑いがある ●スポーツ選手はスポーツのことだけ考えていればいいという考えはもう過去の遺物になっている 「ナオミはテニス界の光だ」 勝利が決まると、

スキ
20