文藝春秋digital

角栄先生と父の対話|武見敬三

角栄先生と父の対話|武見敬三

文・武見敬三(参議院議員) 自民党新型コロナウイルス関連肺炎対策本部の顧問として、経済を生かしながらコロナを封じ込める最善策とは何か、自問自答する日々が続いている。 今、世間を見渡すと、「なぜ、政府は緊急事態宣言を出さないのか」「もっと夜の街を取り締まれ」「補償がなければ死んでしまう」と政府に次から次へと注文する声であふれているようだ。 だが、政府が極端に私権を封じることは、個人の自由と民主主義にとって良いことではない。政府が補償にばかり走ることも、私たちの子孫に大きな

スキ
7