文藝春秋digital

直木賞作家・角田光代さんが語る「いつまでも自分らしく生きるための心構え」

直木賞作家・角田光代さんが語る「いつまでも自分らしく生きるための心構え」

今 、シニア世代の生き方が問われています 。長寿化でますます長くなるセカンドライフ(老後の生活)を明るく楽しく過ごすためには何が必要なのか。作家の角田光代さんにお聞きしました。 角田光代さん(作家) 1967年神奈川県生まれ。‘90年「幸福な遊戯」でデビュー。直木賞受賞作『対岸の彼女』や『八日目の蝉』『紙の月』など著書多数。2月27日には現代語訳を手がけてきた『源氏物語』の最終巻を出版。 うちの家系は短命なので、私も長くは生きないだろう、長生きしても70歳くらいま

14