マガジンのカバー画像

文藝春秋digital

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事が読み放題&イベント見放題のサービスで… もっと読む
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュ… もっと詳しく
¥900 / 月
運営しているクリエイター

#宮台真司

【ダイジェスト版】宮台真司×先崎彰容オンライン対談「“劣化社会”日本に処方箋はないのか?」(2021年11月24日配信)

文藝春秋digitalのオンライン対談シリーズ「先崎彰容の令和逍遥 Vol.3」が、2021年11月24日に開催されました。 この日の対談は、90年代から社会批評や映画批評の第一線で活躍し続けてきた言論人である宮台真司さんがゲスト登壇。日本社会におけるパブリックの在り方、個人と国家の距離、日本の劣化社会化の進行を止めるための処方箋などについて、鋭く刺激的な議論が先崎彰容さんとの間で交わされました! ふたりの対話は、柳田國男、宇野重規、トクヴィルなどの知識人たちの仕事を参照

スキ
10

【アーカイブ動画】宮台真司×先崎彰容「“劣化社会”日本に処方箋はないのか?」

◆宮台真司×先崎彰容 初交錯! 文藝春秋digitalは、11月24日(水)19時〜、社会学者の宮台真司さんと批評家の先崎彰容さんのオンライン対談イベント「“劣化社会”日本に処方箋はないのか? 先崎彰容の令和逍遥 Vol.3」を開催します。 トランプ現象やブレグジット、近年では新型コロナウイルスの感染拡大への対応などポピュリズム政治の問題点が浮彫りになっています。かねてから「剝き出しの個人」による「デタラメの民主制」を批判してきた宮台さん。SNSが生み出す、情緒的な民主主義

スキ
28