マガジンのカバー画像

文藝春秋digital

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事が読み放題&イベント見放題のサービスで… もっと読む
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュ… もっと詳しく
¥900 / 月
運営しているクリエイター

#地方

『文藝春秋digital』2022年6月ラインナップ

■会員限定イベント●6月8日(水) ・新庄剛志「薬物使用」の過去 抜き打ち検査で「陽性」も、詳細は伏せられ、その年に引退―― 鷲田康(ジャーナリスト)+本誌取材班 ●6月10日(金) ・プーチンが最も殺したい男の告白 M・ホドルコフスキー(オリガルヒ・石油会社「ユコス」元代表)「ウクライナ侵攻は彼の個人的な動機から始まった」 ・「性暴力」私は負けなかった 卜田素代香(仮名)「暴行後『証拠が残るからシャワーを』と男が強いてきました」 ・新連載 外事警察秘録②「日本赤軍との闘い

スキ
8

目・耳・口|愛でて、味わって。全国の逸品たち

夏の訪れを告げる川魚の女王 香り高き鮎の塩焼きを手土産に 天然遡上の鮎で知られる栃木県那珂川で自社養殖場を整備し、川魚一筋に商いを続ける林屋。西の四万十、東の那珂川と称される清流・那珂川の伏流水で育てた鮎は、天然物にも劣らぬ味わいと美食家たちの舌を喜ばせる逸品だ。数ある川魚料理の中、『焼あゆ 六ツ目籠入り』(10尾、3,680円)は、鮎を赤穂の焼塩で焼き上げ、風情ある六ツ目籠に入れた看板商品。旨さを引き出すため絶妙の火加減で一尾一尾、熟練の職人が炭火で焼いており、鮎独

スキ
10

目・耳・口|愛でて、味わって。全国の逸品たち

福岡名物のうなぎ料理が 気軽に頬張れる笹巻きに 水郷の町である福岡県柳川を代表する料理、うなぎのせいろ蒸し。これを片手でつまめるサイズにして、笹で包んだのが『炙りうなぎ笹めし』(5個、2,700円)だ。熊本県の七城米を使ったご飯に甘いタレを絡め、その上に一匹一匹状態を見極め備長炭で焼いた国産うなぎの蒲焼きと、彩になる錦糸卵をのせ蒸し上げる。ふっくらとしたうなぎは程よい脂がのっていて香ばしく、笹の香りがほのかに漂う。味と見た目に品がありつつ、笹に包まれているため手に取りやすい

スキ
12

目・耳・口|愛でて、味わって。全国の逸品たち

七味唐辛子の老舗による 新感覚のスパイス・チョコレート 長野県善光寺の老舗七味唐辛子店『八幡屋礒五郎』が手掛ける、スイーツブランドKongen Sweetsの『スパイス・チョコレート』(1枚、600円)。七味唐辛子で培ってきた技術を生かして焙煎したカカオや、美しい色合いのルビーカカオ、ホワイトチョコなどを、自慢のスパイスとミックス。柚子や山椒、紫蘇、唐辛子など七種類の素材をそれぞれに合うチョコレートで仕上げている。酒類とも相性が良いので辛党の男性にもおすすめだ。ミニチョコで

スキ
6