文藝春秋digital

日米豪印「クアッド」で台湾を守れ! 米中“新冷戦”のフロントライン

日米豪印「クアッド」で台湾を守れ! 米中“新冷戦”のフロントライン

台湾有事となれば、日本は必ず巻きこまれる。/細谷雄一(慶應義塾大学教授)×梶原みずほ(朝日新聞編集委員)×山下裕貴(元陸将・千葉科学大学客員教授) <summary> ▶日米の共同文書に「台湾」が明記されたのは、1969年の佐藤栄作首相とニクソン大統領との会談時以来。歴史的な出来事だ ▶中国の台頭により、米中による“新冷戦”が始まった。そのフロントラインは日本や台湾になる ▶重要なインドは民主主義陣営に引き込んでおきたい。中国側に行かないようにするのに、クアッドは効果的な装

スキ
16
亡国の陸上イージス「血税1兆円の無駄」を指摘する

亡国の陸上イージス「血税1兆円の無駄」を指摘する

米国からの「イージス・アショア(陸上イージス)」購入は、そもそもが「無理筋」だ。巨額の予算は水の泡。後世に「令和のバカ査定」と呼ばれる可能性は極めて高い。それでも配備を強行するのか?/文・南村梟郎(ジャーナリスト)

「軍事協定破棄」文在寅政権は外交戦に敗れた――佐藤優

「軍事協定破棄」文在寅政権は外交戦に敗れた――佐藤優

8月22日、韓国政府は日本との軍事情報包括保護協定を破棄すると発表。作家の佐藤優氏は「日本側が、協定破棄する方向に韓国側を追い込んだ」と分析する。ポピュリズムが権力基盤である文在寅政権は不確実性が高まっている。この先の不安は、日韓の偶発的な武力衝突だ――/文・佐藤優(作家・元外務省主任分析官) GSOMIA破棄をどう見るか?   韓国政府は、8月22日、日本との軍事情報包括保護協定(GSOMIA)を破棄すると発表し、翌日、駐韓大使を呼び、日本側に正式に破棄を通告しました。