文藝春秋digital

犠牲になるのは若者か、老人か――コロナ死亡率が物語る“現実”|E・トッド

新型コロナのパンデミックは、グローバリズムに対する「最後の審判」だ。私たちは経済の考え方を考え直さなければならない。何が真に「生産的」なのかを。/文・エマニュエル・トッド(歴史人口学者) エマニュエル・トッド氏 “GDP絶対視”から脱却の機会 この度の新型コロナのパンデミックは、何…