マガジンのカバー画像

文藝春秋digital

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事が読み放題&イベント見放題のサービスで… もっと読む
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュ… もっと詳しく
¥900 / 月
運営しているクリエイター

#鈴木おさむ

『文藝春秋digital』2022年6月ラインナップ

■会員限定イベント●6月8日(水) ・新庄剛志「薬物使用」の過去 抜き打ち検査で「陽性」も、詳細は伏せられ、その年に引退―― 鷲田康(ジャーナリスト)+本誌取材班 ●6月10日(金) ・プーチンが最も殺したい男の告白 M・ホドルコフスキー(オリガルヒ・石油会社「ユコス」元代表)「ウクライナ侵攻は彼の個人的な動機から始まった」 ・「性暴力」私は負けなかった 卜田素代香(仮名)「暴行後『証拠が残るからシャワーを』と男が強いてきました」 ・新連載 外事警察秘録②「日本赤軍との闘い

スキ
4

【フル動画】鈴木おさむ×堀江貴文×カンニング竹山「第1回 生き残るテレビ番組って何だ?会議」

文藝春秋digitalはオンライン鼎談イベント「第1回 生き残るテレビ番組って何だ?会議」を配信します(3月16日収録)。バラエティを中心に数々の人気番組を手掛ける放送作家の鈴木おさむさんと、お笑いタレントのカンニング竹山さんが司会進行を務め、第1回のゲストには実業家の堀江貴文さんをお招きしました。 《このページの一番下にフル動画があります》 (左から)竹山さん、堀江さん、鈴木さん 「テレビ時代の終焉」が囁かれて久しい昨今ですが、つい最近もフジテレビの“希望退職者リスト

スキ
11

鈴木おさむ 僕の精子は損傷していた

文・鈴木おさむ(放送作家) 男性で自分の精子に自信がない人っているのでしょうか? 男性は思春期からマスターベーションを覚え、自分の目で精液を確認しているので、精子に問題があるかもと疑う人なんて、中々いないと思うのです。 2014年の春から妊活により妻が仕事を休むことになり、妻が「妊活に入る前に一度、精子の検査行けないかな?」と言いました。それまで過去2回、妻は妊娠しました。残念ながら流産ということになってしまったのですが、「妊娠」はしたので、僕は自分の精子を疑うことはまっ

スキ
7

クイズ「私は誰でしょう?」小さな大物|交際0日で結婚! オシドリ夫婦としても知られる多才な放送作家は?

【ヒント】 交際0日で結婚! オシドリ夫婦としても知られる多才な放送作家は?人を楽しませる喜びを知ったのは小学6年生の生徒会長の時。 「担任の先生が変わっていて、生徒会主催の行事で、何をやってもいいと言われたので、当時流行していた大映ドラマのパロディで、『マッチ売りの少女』がカツアゲされるという劇をやったんです。自分で脚本を書いて、スカートはいて主演もやって。それが全校生徒にかなりウケて(笑)。人が笑って幸せになるのっていいなと思いました」 高校時代に放送作家を志し、

スキ
7