文藝春秋digital

マンガ『大地の子』第37話 二人の父|原作・山崎豊子

第37話 二人の父 ★前回の話を読む。 ★最初から読む。

スキ
6

マンガ『大地の子』第36話 眼には眼を|原作・山崎豊子

第36話 眼には眼を★前回の話を読む。 ★最初から読む。

スキ
10

マンガ『大地の子』第35話 運命|原作・山崎豊子

第35話 運命★前回の話を読む。 ★次回の話を読む。 ★最初から読む。

スキ
10

マンガ『大地の子』第30話 明暗|原作・山崎豊子

第30話 明暗★前回の話を読む。 ★次回の話を読む。 ★最初から読む。 原作:山崎豊子 大正13(1924) 年、大阪市に生れる。京都女子大学国文科卒業、毎日新聞大阪本社に入社。昭和 32 年、生家の昆布商を題材にした処女長篇「暖簾」を書下し刊行。翌 33 年、「花のれん」で第 39 回直木賞受賞。同年退社、執筆に専念。主な著書に『白い巨塔』『不毛地帯』『二つの祖国』『大地の子』『沈まぬ太陽』など。平成 3 年に第 39 回菊池寛賞、 21 年に『運命の人』で第 63 回毎

スキ
12

マンガ『大地の子』第11話 再会|原作・山崎豊子

第11話 再会北京の公安部から再調査の命令が下り、反革命罪の疑いが晴れた一心は釈放された。釈放のきっかけとなった父への手紙を女性・江月梅への思いを募らせていく。そして、自由の身になった一心は北京駅で父親との感動の再会を果たす——。 ★前回の話を読む。 ★次の話を読む。 ★最初から読む。

スキ
15

マンガ『大地の子』 第9話百里香|原作・山崎豊子

第9話 百里香羊飼いの労働に従事する一心は、ある日、同房の陳という男が脱走しようとする現場に居合わせてしまい、脱走幇助の罪に問われてしまう。厳しい取り調べを受ける中、『毛主席語録』の裏に平仮名を書いていたことがバレてしまった。「日本語の練習をしていた」とは口が裂けてもいけない一心がとった行動は……。 ★前回の話を読む。 ★次の話を読む。 ★最初から読む。

スキ
14