マガジンのカバー画像

文藝春秋digital

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事が読み放題&イベント見放題のサービスで… もっと読む
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュ… もっと詳しく
¥900 / 月
運営しているクリエイター

#イベントレポ

『文藝春秋digital』2022年6月ラインナップ

■会員限定イベント●6月8日(水) ・新庄剛志「薬物使用」の過去 抜き打ち検査で「陽性」も、詳細は伏せられ、その年に引退―― 鷲田康(ジャーナリスト)+本誌取材班 ●6月10日(金) ・プーチンが最も殺したい男の告白 M・ホドルコフスキー(オリガルヒ・石油会社「ユコス」元代表)「ウクライナ侵攻は彼の個人的な動機から始まった」 ・「性暴力」私は負けなかった 卜田素代香(仮名)「暴行後『証拠が残るからシャワーを』と男が強いてきました」 ・新連載 外事警察秘録②「日本赤軍との闘い

スキ
4

【イベントレポート】トータルエクスペリエンスカンファレンス~「接点」を制する者が「ビジネス」を制す~

文藝春秋トータルエクスペリエンスカンファレンス「『接点』を制する者が『ビジネス』を制す 最強の体験(エクスペリエンス)がもたらす『意味』そして『価値』」が4月26日(月)、オンラインで開催された。 デジタル化が進む顧客接点から得られるデータを駆使し、優れたカスタマーエクスペリエンス(顧客体験)を提供することはビジネス成長のカギを握っている。カンファレンスでは、顧客満足度を高める顧客体験のあり方、顧客接点のデジタルソリューション、そして「接点」に関わる知見が紹介された。 ◆

スキ
8

【イベントレポート】文藝春秋カンファレンス「教養と経営 課題解決の探索 ―問いを立て考え続ける力、疑う力、本質を見抜く力―」

3月15日(月)、文藝春秋カンファレンス「教養と経営 課題解決の探索 -問いを立て考え続ける力、疑う力、本質を見抜く力―」がオンライン開催された。 このイベントでは、経営課題解決のアプローチ方法としての教養を身に着ける方法、そしてそれをビジネスへ生かす方法に関して、実践者およびプロフェッショナルの講演を通じて検証が試みられた。 変革期に望まれるリーダー像、デジタル時代の競争戦略など、教養が切り拓く「未来のマネジメント」を視聴者とともに考える貴重な機会となったのではないだろ

スキ
15

【イベントレポ】文藝春秋CMO Lounge 「市場」の中の私から「社会」の中の私へ――変わるブランド戦略

CMOとは、Chief Marketing Officerの略語。日本語に訳すなら、「最高マーケティング責任者」となる。博報堂ケトル、キリンビバレッジ、そしてソフトバンク――。未曽有のパンデミックを経験したCMOたちは、今後の新たなマーケティングの道筋をいかに描くのか。 10月23日(金)、文藝春秋が開催したオンラインセミナー「CMO Lounge」の模様をレポートする。 ◆キーノートセッション|嶋浩一郎氏 株式会社博報堂ケトル 取締役・編集者 嶋 浩一郎氏 「市場」

スキ
3