マガジンのカバー画像

文藝春秋digital

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事が読み放題&イベント見放題のサービスで… もっと読む
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュ… もっと詳しく
¥900 / 月
運営しているクリエイター

#友納尚子

愛子さまから両陛下へのお手紙 友納尚子

ことばへの関心、調べもの好き……大学2年生の内親王。/文・友納尚子(ジャーナリスト) 高等科の卒業レポートは「平安時代の猫と犬」 天皇家の長女、敬宮愛子内親王殿下は、12月1日に20歳の誕生日を迎えられた。 両陛下は、今後、愛子さまを娘としてだけではなく、国のため、国民のために大事な公務をになう「成年皇族」の一人として見守っていかれることになる。逆に愛子さまにとっては、両陛下は尊敬なさるご両親であることに変わりはないが、成年皇族として少しでも両陛下のお役に立ちたいという思

スキ
5

眞子さまの最後のご挨拶 友納尚子

会見を嫌がる眞子さまは説得されて……。/文・友納尚子(ジャーナリスト) 「長女の気持ちをできるだけ尊重したい」9月23日の秋分の日、歴代の天皇、皇后、皇親の霊を祀る儀式「秋季皇霊祭」「秋季神殿祭」が皇居内の皇霊殿及び神殿で行われた。 天皇陛下、秋篠宮皇嗣同妃両殿下をはじめ、今年10月に婚約者の小室圭さんとご結婚なさる秋篠宮家の長女、眞子内親王殿下のお姿もあった。皇室から離れる眞子さまにとっては、皇族として外出を伴う最後の行事となる宮中祭祀へのご出席だった。 眞子さまは、

スキ
16

天皇陛下の期待に背いた菅首相の「内奏」|友納尚子

陛下は「なかなか分かってもらえない」と嘆かれた。/文・友納尚子 (ジャーナリスト) 「天皇」と五輪の「名誉総裁」 天皇陛下は、お小さい頃から夏季と冬季のオリンピックを観戦なさることがお好きだった。 前回、東京オリンピックが開催されたのは、高度経済成長の真っただ中にあった1964(昭和39)年。陛下は満4歳になられた年だった。上皇上皇后両陛下とご一緒にマラソンや馬術競技を会場で観戦されたことを今も大切な思い出のひとつとされている。 還暦を迎えられた昨年2月の会見でも、こう

スキ
13

天皇皇后両陛下の「オンライン行幸」 コロナ禍でも国民の中へ

疫病と戦う人々に思いを馳せ、ご一家3人でカミュの『ペスト』を読んだ。/文・友納尚子(ジャーナリスト) <summary> ▶︎コロナ禍の中、天皇皇后両陛下はご公務においてオンラインをご活用された ▶︎陛下は、はっきりと意識されて「国民」ではなく「皆さん」という言葉をお選びになった ▶︎11月8日に執り行われた「立皇嗣の礼」「朝見の儀」で、雅子さまは17年ぶりに公でのおことばを発せられた 史上初、ビデオメッセージで新年のおことば 昨年12月、コロナ禍による新年一般参賀の中止

スキ
8

眞子さま、小室圭さんへの「不滅の愛」

猛反対の父・秋篠宮がついに結婚を認めた——。/文・友納尚子(ジャーナリスト) <この記事のポイント> ▶︎眞子さまと小室さんの結婚への堅い意志は、何があっても揺らぐことがない ▶︎眞子さまのご結婚がここまでこじれた原因は、秋篠宮家の自由を重んじる教育方針が災いした、という意見もある 歌会始で恋の歌を発表 「色々とありましたが、自分を信じて進んで参りたいと思います」 1年が終わりに近づこうとしていた11月末、秋篠宮皇嗣殿下の長女、眞子内親王殿下(29)は、かねてから相談な

スキ
57

天皇皇后と愛子さま 令和流「ONE TEAM」“学習院大学進学”決定と“還暦の誕生日”を終えて

「急がない、急がせない」が令和流のキーワード。ONE TEAMとして同じ道を歩まれる天皇皇后陛下と愛子さまの「いま」をレポートする。/文・友納尚子(ジャーナリスト) 「辞書が恋人」 「ちょっと恥ずかしいですね」 2月10日午後、宮内庁三の丸尚蔵館(皇居・東御苑)で開催中の特別展「令和の御代を迎えて」で、天皇陛下は学習院高等科3年生の頃に書かれたという草書体の書初めを42年ぶりにご覧になって、照れながらこう述べられた。陛下が率直に感情を表されることは、実に珍しいことだった。

スキ
70

即位パレードの時に見せた、雅子皇后の「涙の秘密」

11月10日のパレードの時、雅子皇后の目には涙が浮かんでいた。沿道を埋め尽くす人びとの姿を見た時、脳裏には何が浮かんでいたのだろうか。そして、即位の礼、大嘗祭…湧き上がる不安をどう克服したのか/文・友納尚子(ジャーナリスト) 29年前の上皇・上皇后陛下のお姿11月22日の伊勢神宮(三重県伊勢市)外宮の空には、朝から雨雲が広がっていた。  付近の沿道には、天皇皇后両陛下の姿をひと目見たいと、前日の夜から並んだり、他県から訪れたりした2万人近くの人たちの人垣ができていた。

スキ
20