文藝春秋digital

コロナ禍で航空業界の地図が変わる|スカイマーク会長が描く「日本の空」の未来

コロナ禍で航空業界の地図が変わる|スカイマーク会長が描く「日本の空」の未来

新型コロナウイルスの感染拡大で、最も大きな打撃を受けている業界の1つが航空業界だ。国際航空運送協会(IATA)は、今年、世界の航空業界の売上の50%にあたる約44兆9000億円が目減りする見通しを発表した。ANA、JALの7月の運航計画では、国際線の9割、国内線の5割程度を運休にする予定だ。 2015年、経営破綻したスカイマークに手を差し伸べた投資ファンド、インテグラル代表取締役パートナーで、スカイマーク再建の立役者でもある佐山展生会長(66)は、この危機をどう見ているのか

30