文藝春秋digital

選択と集中の“競争主義”で日本からノーベル賞が消える!|藤原正彦×梶田隆章「教育再生会議」

選択と集中の“競争主義”で日本からノーベル賞が消える!|藤原正彦×梶田隆章「教育再生会議」

高等教育を軽視する国に未来はない。研究者ポスト、研究資金は減り続け、今、教育・研究機関としての大学は危機的な状況にある。過剰な競争主義に蝕まれた日本からノーベル賞受賞者が消える日は近いかもしれない。/文・藤原正彦(作家・数学者)×梶田隆章(東京大学宇宙線研究所所長) 藤原氏(左)と梶田氏(右) 消失する若手研究者のポスト 藤原 2019年に吉野彰さんがノーベル化学賞を受賞されて、自然科学分野における日本人のノーベル賞受賞者は全部で24人となりました。梶田さんもそのお一人

10