マガジンのカバー画像

文藝春秋digital

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事が読み放題&イベント見放題のサービスで… もっと読む
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュ… もっと詳しく
¥900 / 月
運営しているクリエイター

#ローカルフード

目・耳・口<今月の”美味しい”情報>【全文公開】

▼〔まろやかなお酢〕 20世紀梨は、鳥取県が誇る特産品。滴るほどたっぷりの果汁と上品な甘みが特長だ。これを果実酢に仕立てたのが、「AONケミカル」が販売する『20世紀梨酢』である。  鳥取県は20世紀梨の生産量が全国1位で、国内生産量の5割以上を占める。その一方で、生産量の1割が規格外を理由に廃棄されている。同社では、大量の規格外の梨を活用しようと、鳥取大学とともに果実酢づくりに挑んだという。  収穫後1週間以内の、新鮮で完熟した20世紀梨を100%使用し、自然発酵させた

スキ
1

目・耳・口<今月の“美味しい”情報>【全文公開】

▼〔ホタテの旨み〕 近年、高級な缶詰への人気が高まっている。札幌の「スハラ食品」のブランド缶詰『ほたて缶詰』(1,296円)は、旨みを閉じ込める新製法を採用した、ひと味違う缶詰だ。  水産缶詰の大半は、ボイルした原料に各種の調味料を加えて作られる。同社では、ボイルした貝柱を天日で干し、旨みを高めてから加工。さらに、茹で汁をフィルターで旨み成分とそれ以外に分け、旨み成分だけを缶に戻している。そのままで食べても美味しいが、缶の汁を出汁の代わりにして、貝柱をほぐして入れた卵焼きは

スキ
2