文藝春秋digital

適切な距離|川上弘美

適切な距離|川上弘美

文・川上弘美(小説家) 最近、母と仲がいい。 実は、40年ほど前に実家から独立して以来、母とはあきらかに一定の距離があり続けていた。心理的にも、物理的にもだ。子どもが親から離れるのはごく健康的なことなので、距離があること自体は寿ぐべきことだが、磁石の同じ極が近づくと反発するように、どうやらわたしと母は、ある距離以内に近づくと、自然に反発して思いもよらぬ速さで互いから離れる、といった関係にあったようなのだ。 そのように距離をとらなければだめな間柄とは、つまり「不仲」なのか

スキ
25
俳句――川上弘美【全文公開】

俳句――川上弘美【全文公開】

大目玉群青に心冷えゆく夜なりけり 巻貝のうつろ聴きをる良夜かな 良夜なり太郎と次郎寝相似て 冷(すさ)まじや鰐の上(へ)渡り来しものも 肌寒やしやぶりて魚の大目玉 ばれをるも使ふ居留守や目白鳴く 車輛中すべて他人や秋深む 【編集部よりお知らせ】 文藝春秋は、皆さんの投稿を募集しています。「#みんなの文藝春秋」で、文藝春秋に掲載された記事への感想・疑問・要望、または記事(に取り上げられたテーマ)を題材としたエッセイ、コラム、小説……などをぜひお書きください。投稿形

スキ
2