文藝春秋digital

大阪コロナ感染爆発でも…吉村洋文・府知事はなぜ失墜しないのか

大阪コロナ感染爆発でも…吉村洋文・府知事はなぜ失墜しないのか

単なるポピュリストか、実務家か──。感染拡大を防げなかった大阪府知事の正体。/文・石戸諭(ノンフィクションライター) <summary> ▶︎致命的な「失敗」が続いているように見えるにもかかわらず、吉村を評価する声が多いのは、大きな謎である ▶︎弁護士という共通のバックボーン、都構想マニフェスト作成という実績から橋下は吉村の能力を評価し、松井はその忠誠心を評価した ▶︎吉村が致命的な失敗を繰り返し、なおかつ大阪の野党が方針を転換して「府市一体」となり、吉村よりマシな対抗馬を

スキ
31
コロナ自粛の独自指針「大阪モデル」 吉村府知事は、私が守る!|松井一郎

コロナ自粛の独自指針「大阪モデル」 吉村府知事は、私が守る!|松井一郎

無責任な永田町、霞が関にはもう任せられない。僕ら「維新」には大阪市民、大阪府民の命を守る責任がある。吉村知事とは常に「3ヶ月先を想像してやろう」と言っている。スピード感を持って決断すること。それが何よりも大事だ。/文・松井一郎(大阪市長・日本維新の会代表) 松井市長 スピード感が最も大事だった 未曽有の緊急事態に対しての備えが甘かった――新型コロナウイルスの感染拡大を巡る安倍政権の対応を見ていると、残念ながら、そう言わざるを得ない面があります。 その一つが、緊急経済対

スキ
40