文藝春秋digital

「コロナ後の世界」でGAFAだけが焼け太る理由

「コロナ後の世界」でGAFAだけが焼け太る理由

金持ちがより金持ちになるという現実をコロナ・ショックは明らかにした。IT界の巨大企業は、世界中の企業がパンデミックで苦しむ中、ますます大きくなっている。ベストセラー『the four GAFA 四騎士が創り変えた世界』の著者が指摘する「不都合な真実」とは。/文・スコット・ギャロウェイ(二ューヨーク大学スターン経営大学院教授) ギャロウェイ氏 ©kazumoto ohno 株価が過去最高を記録 新型コロナの感染拡大が止まりません。7月末の全世界の感染者は1600万人超、死

19
GAFAの拝金主義が分断を煽る。このまま放置してはいけない / スコット・ギャロウェイ(『the four GAFA』)

GAFAの拝金主義が分断を煽る。このまま放置してはいけない / スコット・ギャロウェイ(『the four GAFA』)

 Google, Apple, facebook, amazon――。これらは、その頭文字を取ってGAFA(ガーフア)と呼ばれるIT業界の4強だ。過去20年間にわたり、知りたいことが一瞬でわかる検索や、SNSによる人々の新たなつながり方、豊富な商品群を持ったeコマースなど、我々の世界に技術の進歩と豊かさをもたらした。GAFAが生んだ富の額は、約2兆3000億ドルにも及ぶ。    しかしGAFAを「ヨハネの黙示録の四騎士」(地上の4分の1を支配し、剣、飢饉、悪疫、獣によって地上

17