マガジンのカバー画像

文藝春秋digital

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事が読み放題&イベント見放題のサービスで… もっと読む
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュ… もっと詳しく
¥900 / 月
運営しているクリエイター

#春

『文藝春秋digital』2022年6月ラインナップ

■会員限定イベント●6月8日(水) ・新庄剛志「薬物使用」の過去 抜き打ち検査で「陽性」も、詳細は伏せられ、その年に引退―― 鷲田康(ジャーナリスト)+本誌取材班 ●6月10日(金) ・プーチンが最も殺したい男の告白 M・ホドルコフスキー(オリガルヒ・石油会社「ユコス」元代表)「ウクライナ侵攻は彼の個人的な動機から始まった」 ・「性暴力」私は負けなかった 卜田素代香(仮名)「暴行後『証拠が残るからシャワーを』と男が強いてきました」 ・新連載 外事警察秘録②「日本赤軍との闘い

スキ
4

春|高橋久美子

春あなたにはスイッチがあるからいいねと 月並みの顔して月は言った 落ちこんだゴミ箱の中 本物である必要があるでしょうか 水耕栽培のトマトは 今夜もナイトクルージング 白菜は冷蔵庫の中で静かに その身を食い破って花を咲かせる 花瓶になど飾らず 味噌汁に入れて この体に生けてみる 何もかも咲きそうで 震えています

スキ
4

短歌|飯田有子

春と校正者「悔しがる人は伸びるよ」新人われを慰めし言葉新人に言う 折り紙の指示の誤植の(あしびきの)やまありたにあり・やまありたにあり 残業のつづく後輩の机には日々増えていく推しの笑む顔 晴れた日は意味無きことば連ねたし半濁音だけの鳥の鳴き声 病み上がりの作家の痛み思いつつ震えがちなる書き文字を追う 文字としか話さない日は善福寺川沿いの道えらんで帰る 常よりも春待つこころ通る人みな顔寄せゆく桜のつぼみ

スキ
9

俳句|赤野四羽

春の挽歌花吐きの少年下唇涎引く 春菊を噛むや真白き帯の内 永日をチヨコレイトと響く寺 血は水よりしょっぱいぞ蕗のとう 街中の正気を洗う春時雨 花が死へ換わる湿りの滑かな 浅川マキの残滓を啜る朧月

スキ
17