【63-WITHコロナの時代 】なぜ日本人は「コロナ感染は自業自得」と考えてしまうのか|三浦麻子
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

【63-WITHコロナの時代 】なぜ日本人は「コロナ感染は自業自得」と考えてしまうのか|三浦麻子

文・三浦麻子(大阪大学大学院教授)

「感染は自業自得だと思う」

2020年3月から4月にかけて、私たちの研究グループでは、日本、アメリカ、イギリス、中国、イタリアの5か国で、それぞれ400~500人を対象に、新型コロナウイルス感染症に関する意識調査を行いました。

その結果、日本では「新型コロナウイルスに感染する人は、自業自得だと思う」という項目に対し、「そう思う」(「非常にそう思う」「ややそう思う」「どちらかといえばそう思う」の合計。以下同)と答えた人の割合が、11.50%と特に高い値を示したのです。ほかの国はというと、アメリカ1.00%、イギリス1.49%、イタリア2.51%、中国4.83%でしたから、「コロナは自業自得」と考える人が、日本は欧米に比べると約10ポイントも高かったことになります。反対に「全く思わない」と答えた人は、他の4か国は60~70%台でしたが、日本は29.25%でした。

確認のため、私たちは7月から8月にかけ、日本、アメリカ、イギリスで今度は1000人から1200人規模の調査を行いました。春とは別の方々を対象にし、対象者数も増やし、日本では性別と年代を人口比に合わせました。するとやはり「感染は自業自得だと思う」という項目に「そう思う」と答えた人の割合に、大きな違いが現れました。アメリカで4.90%、イギリスで1.36%だったのに対し、日本では17.24%にのぼったのです。

注意したいのは、欧米に比べて「自業自得」と答えた人の割合が高いといっても、あくまで大多数の人は「感染はその人の責任とは思わない」と考えていることです。実は、6月に最初の調査結果を発表したあと、かなりの反響があり、多くのメディアから取材を受けるようになりました。コロナに感染した芸能人が「ご迷惑をおかけして申し訳ありません」と謝罪する、営業自粛要請期間中、自治体が定めたルールを守って営業している店に「自粛警察」が店を閉めろという貼り紙をする、それまで感染が目立たなかった地方で感染者が出たら、その人物を特定し、家族や勤め先までつるし上げる――そうした日本人「特有」とされる行動を、なんだかおかしい、と思っている人が多いことを、反響の大きさが示しているように感じます。

なぜ被害者たたきが起こるのか

それでも、日本では他国よりも感染自体を「本人の責任」とみなし、本来「被害者」であるはずの感染者をたたこうとする意識が強く見られます。その理由についてはいろいろ考えられますが、まず考えられるのが、「不確実性の回避」という観点です。

「3密」の回避や手洗い、マスクなどの感染予防対策が徹底されるようになったものの、コロナはいまだに感染ルートがはっきりしないケースが少なくありません。このように「不確実」で予測できない状態に対して、人間は怖さを感じ、どうにか回避したいという心理が働きます。そして、「どうにか原因や予測を立てられないか」と考えてしまう。つまり「感染する理由」を探そうとするのです。日本人のこうした「不確実性の回避」傾向は、世界的に見てかなり高いことが知られています。

この続きをみるには

この続き: 1,168文字 / 画像1枚
この記事が含まれているマガジンを購入する
ピンチをチャンスに変える力――それが「教養」だ! これ1つで、小論文対策をしたい高校生、レポートに困っている大学生、豊富な知識を身につけたいビジネスマンまで幅広くサポート。教養人に必須のマガジンです。

【12月1日配信スタート】毎日、朝晩2本の記事を配信。2021年の日本、そして世界はどうなる? 「文藝春秋」に各界の叡智が結集。コロナ禍で…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
文藝春秋digital

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

ありがとうございます!
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に、一流の作家や知識人による記事・論考を毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事読み放題&イベント見放題のサービスです。