日本の顔 夏木マリ
見出し画像

日本の顔 夏木マリ

文藝春秋digital

_DSC038夏木マリさん差し替え

夏木なつきマリ・演出家

「裏切るのが好き」。舞台を前に夏木マリ(69)は、目を輝かせる。演劇の世界に飛び込んだとき、夏木は30歳。右も左もわからなかったから、がむしゃらに経験を積んだ。

「だんだんと集団での立ち位置がわからなくなってきて、40歳を過ぎて始めた一人舞台が『印象派』。まさかこんなに続くと思わなかったけれど」

「印象派NÉO」と名前を変え、今では再び集団で舞台を創っている。こだわるのは、「身体言語」だ。

「世の中、誰もが何かと折り合いをつけて生きていますが、舞台の上では本能のまま動ける。そこに言葉や説明はいりません。肉体の発する言葉に耳を傾けたいし、私自身、一つでも多くその言葉を持っていたい」

演じるよりも、舞台を「創る」ほうが面白いと気づいた。

「空間と時間を使って思う存分遊んでいるというのかな。『なんだこりゃ』とお客さんを裏切る舞台が理想です」

そう言うと、いたずらっぽく笑った。

この続きをみるには

この続き: 279文字 / 画像4枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、一流作家の連載小説、心揺さぶるノンフィクション……月額900円でビジネスにも役立つ幅広い「教養」が身につきます。

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
文藝春秋digital

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

ありがとうございます!
文藝春秋digital
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に、一流の作家や知識人による記事・論考を毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事読み放題&イベント見放題のサービスです。