新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

新聞各紙の年末「回顧」記事 コロナ禍で光った「文化財」|蔵屋美香

毎年12月、新聞各紙がこぞって取り上げる「回顧」記事。2020年はコロナウイルスの話題が目立つなか、歴史、考古分野を扱うある記事に目がとまった――。横浜美術館館長をつとめる蔵屋美香さんが綴る。
【選んだニュース】回顧2020 文化財 「保存と活用」 深化へ一歩(2020年12月9日、読売新聞/筆者=多可政史)

画像1

◆ ◆ ◆

 年明け気分もすっかり消えた今ごろ、昨年末の話題で恐縮だが、わたしは毎年12月に新聞各紙が出す「回顧」の記事が大好きだ。その年のおもな出来事を分野別に振り返る、あれである。

 2020年は、世界中がコロナウイルスにふり回された年だった。わたしの働く美術館業界でも、海外から有名作品を持ってきて大勢の観客を呼び込む、という従来の経営手法が成り立たなくなり、新しいやり方を模索している。各紙の美術分野の「回顧」もそろって、コロナウイルスでいよいよ転機を迎えた美術界、というトーンだった。

 その中で歴史、考古分野を扱う「回顧2020 文化財 『保存と活用』 深化へ一歩」は、まず出だしが驚きだった。「今年は、1950年の文化財保護法施行から70周年の節目。同法の理念である文化財の『保存と活用』のあり方について、改めて考えさせられる1年だった」。えっ、この一年の総括の冒頭で、コロナウイルス以外のことを「考えさせられた」なんていう人がいるの? 記事は次いで、長崎県の世界遺産、軍艦島や、熊本県の国宝、青井阿蘇神社社殿の大雨による被害を紹介する。そう、コロナウイルスがあろうがなかろうが、2020年だって他の年と同じようにさまざまなことが節目を迎え、自然災害にも見舞われたのだ。コロナウイルスに気を取られ、そんなふつうのことが見えなくなっていた自分を反省した。

 続く記事の前半は、災害から文化財を守る「文化財防災センター」(奈良市)の発足や、地域の文化財に光を当てる文化庁の「日本遺産」プロジェクトの進展など、文化財の保存と活用をめぐる動きを紹介している。文化財をいかに守るか。守りつつ、同時にそれをいかに生き生きと活用するか。これは美術館、博物館にとって常に微妙なバランスを取ることが求められる、もっとも悩ましい問題だ。特に今、活用の方は、政府の主導により、とにかく観光資源化して「稼ぐ」という方向に向かっている。そのため、ときに無理な活用が奨励されるケースもある。しかしコロナ禍で、「稼ぐ」ための基盤だったインバウンドの需要は消滅した。冒頭に置かれた「文化財保護法施行70周年」の言葉は、右往左往するわたしたちに、原点に立ち返って今を冷静に見直そうと促す。そもそも文化財保護法は、1949年の法隆寺金堂の焼損後、もうこんなことが起きてほしくないという願いから作られたのだ。

 後半は、従来の説が大きく塗り替えられた発掘の成果を紹介するパートだ。例えば豊臣秀吉の幻の城、京都新城(京都市)の石垣や金箔瓦が発見されたこと。中尾山古墳(奈良県明日香村)の石室の詳細が明らかになり、文武天皇陵である可能性がさらに強まったこと。困難な年でも、歴史の書き替えにつながるこんな成果が、発掘の仕事に携わる人々の手によって黙々と積み上げられていた。そんなこともまた、わたしはうかつにもこの記事で初めて知ったのだった。

この続きをみるには

この続き: 287文字 / 画像1枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、一流作家の連載小説、心揺さぶるノンフィクション……月額900円でビジネスにも役立つ幅広い「教養」が身につきます。

文藝春秋digital

月額900円

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
文藝春秋digital

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

ありがとうございます!
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に、一流の作家や知識人による記事・論考を毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事読み放題&イベント見放題のサービスです。