文藝春秋digital
日本の顔 鷲田清一
見出し画像

日本の顔 鷲田清一

文藝春秋digital

画像1

鷲田清一わしだきよかず・哲学者
写真=山元茂樹

大震災が東北地方を襲ったのは、哲学者・鷲田清一(72)が大阪大学総長を務めた最後の年だった。発生から約50日後に訪れたせんだいメディアテーク。そこで見た光景は、哲学者に強烈な印象を残した。

「再開したばかりの施設内の図書館で、貸し出しカウンターに長い行列ができていたんです。みんなが不安を抱えてずっと誰かと過ごしていた時期だっただけに、逆に一人で静かにもの思う、そんな時間に飢えていたのだと思う。本の大切さを感じて、勇気づけられました」

その後メディアテーク館長として招かれた鷲田には、哲学は研究だけでなく、社会の中で生きた力となるべきものだという思いがある。

「市民の生涯教育や、世の中の問題を感じとって活動したいと思う人々を支援するのがこの施設の役割。有機農業でもファッションでも、何でもいい。ここから出てくる面白そうな活動の芽に、胸がときめくんです」

この続きをみるには

この続き: 255文字 / 画像4枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、一流作家の連載小説、心揺さぶるノンフィクション……月額900円でビジネスにも役立つ幅広い「教養」が身につきます。

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
文藝春秋digital

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

ありがとうございます!
文藝春秋digital
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に、一流の作家や知識人による記事・論考を毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事読み放題&イベント見放題のサービスです。