見出し画像

「性暴力」私は負けなかった 卜田素代香(仮名)「暴行後『証拠が残るからシャワーを』と男が強いてきました」

文藝春秋digital
暴行後「証拠が残るからシャワーを」と男が強いてきました。/文・卜田素代香(うらたそよか・仮名)

※この記事は性暴力被害の描写があります。フラッシュバックなどが不安な方はご留意ください

「知識と環境が私を守ってくれた」

今年2月、東京地方裁判所で開かれた刑事裁判で、私は裁判官や裁判員の方々にこう訴えていました。

「私はこの場では被害者として立っていますが、『被害者』ではなく、意思を持った1人の人間です。『かわいそうな人』ではなく、みなさんと同じように普通に生きてきた、そしてこれからもみなさんと同じように生きていかなければならない1人の人間です。決して稀有な存在ではありません」

私が被害者となった事件の罪名は、強制性交等致傷。3年ほど前の深夜、1人暮らしの自宅マンションに侵入した見知らぬ男から、性暴力の被害を受けたのです。

大学を卒業して社会人になった年で、入社前から希望していた部署に配属された矢先の出来事でした。事件後は1日も出勤できないまま、退職することになりました。

家の中は緊張を強いられる場所に変わりました。実家であっても、夜ベッドで眠ることや、部屋のドアを開けるという当たり前のことが怖くてできない時期がありました。今も帰宅時には、まずクローゼットや浴室に人がいないかを確認しないと上着を脱ぐことができません。

ただ、一方で「知識と環境が私を守ってくれた」という思いが強くあります。

この続きをみるには

この続き: 8,672文字 / 画像2枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、一流作家の連載小説、心揺さぶるノンフィクション……月額900円でビジネスにも役立つ幅広い「教養」が身につきます。

文藝春秋digital

¥900 / 月

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
文藝春秋digital

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

文藝春秋digital
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に、一流の作家や知識人による記事・論考を毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事読み放題&イベント見放題のサービスです。