キャンディーズ 奇跡の時間 穂口雄右 100周年記念企画「100年の100人」
見出し画像

キャンディーズ 奇跡の時間 穂口雄右 100周年記念企画「100年の100人」

文藝春秋digital
70年代に一世を風靡したアイドルグループ「キャンディーズ」。作曲家の穂口雄右氏も、ラン(伊藤蘭、66)、ミキ(藤村美樹、65)、スー(田中好子、1956~2011)の音楽的才能に惚れ込んだ。/文・穂口雄右(作曲家)

穂口雄右(語り手)

穂口さん

ある日、NHKの歌番組にアシスタントとして出ていた可愛い3人の女の子が印象的で、翌日、バンド仲間の松崎澄夫に話すと、「俺がプロデュースしている」と言う。驚いていたら、「レッスンしてやってくれないか」と言われて2度ビックリ。結果として作曲まですることになり、私の作曲した「年下の男の子」でブレイクしたキャンディーズとの出会いはまさに“奇跡”です。

キャンディーズは可愛いだけのアイドルではありません。ミキさんは絶対音感と時代を超えたセンスを、スーさんは民謡で鍛えた豊かな声を、ランさんは天性の輝くファルセットを持っていました。音楽を表現する素晴らしい感性と才能に恵まれていたのです。

当時の渡辺プロのミュージシャンを大切にする環境に恵まれて、松崎と私もキャンディーズとの作品作りを自由に楽しむことができたのです。

キャンディーズ

キャンディーズ

この続きをみるには

この続き: 357文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、一流作家の連載小説、心揺さぶるノンフィクション……月額900円でビジネスにも役立つ幅広い「教養」が身につきます。

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
文藝春秋digital

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

ありがとうございます!
文藝春秋digital
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に、一流の作家や知識人による記事・論考を毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事読み放題&イベント見放題のサービスです。