迷走するおうち時間|小宮山雄飛
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

迷走するおうち時間|小宮山雄飛

文・小宮山雄飛(ミュージシャン)

コロナによって、おうち時間が増えるようになってから1年以上が経ちますが、元々食べ歩きが趣味だった僕にとって、自粛を余儀なくされたこの1年間の〈食の〉新しい生活様式は、一言で言うならば「迷走」でした。

コロナ禍になってまず最初に始めたのは、家での「蕎麦打ち」。いきなり蕎麦打ちかと思うかもしれませんが、有り余る時間をおうちの食生活に活かそうと思ったら、作る方に時間をかけるしかないのです。食べるのは意外とすぐに終わってしまいます。ローマ時代の貴族でもない限り、人間4時間も5時間も食べ続けられません。ということで蕎麦粉を取り寄せて、蕎麦打ちを始めたのですが、これが実に面白い。そんなに本格的な道具がなくても、それなりに作れるので、毎朝欠かさず蕎麦を打つようになりました。しかし2週間ほどして、ある単純な結論に気付いてしまったのです。それは「お店で食べた方が美味しい……」ということ。当たり前の話です、たかだか数週間で蕎麦職人と同じ蕎麦を打てる訳がありません。どうがんばってもお店とはクウォリティが違いすぎるのです。結局、蕎麦打ちという新しい生活様式は、根付くことはありませんでした。

次に試したのがオムレツ作り。ホテルのブッフェでシェフがフライパンをトントンと叩いて作ってるあれです(あれってちょっと憧れますよね?)。早速オムレツ専用のフライパンを購入し、毎朝のルーティンとして始めたのですが、これもまた面白い。調理というより運動というか、手の動きのコツなんで、やっていて楽しいんです。これを毎日動画で撮影してYouTubeにアップしたら人気出るんじゃないか? とまで思い、実際にスタッフに番組ロゴまで作ってもらいました。しかし、ここにもまた壁が。オムレツってそんな毎日何個も作れないんですよ。それなりのオムレツを作るには卵を最低でも2つ、できれば3つ使います。こちらもそんな毎日大量に卵を食べていられないので、1日に作れても1個。悲しいかなそれだと全然上達しないんです。ということで、これもまた挫折です。

この続きをみるには

この続き: 888文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、一流作家の連載小説、心揺さぶるノンフィクション……月額900円でビジネスにも役立つ幅広い「教養」が身につきます。

文藝春秋digital

月額900円

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
文藝春秋digital

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

ありがとうございます!
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に、一流の作家や知識人による記事・論考を毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事読み放題&イベント見放題のサービスです。