見出し画像

三遊亭兼好×春風亭一之輔 「コロナ〝鍋〟をぶっ飛ばせ!」

寄席には人がひしめき、落語会のチケットも入手困難。そんな人気落語家の春風亭一之輔(42)、三遊亭兼好(50)両師匠も、コロナ鍋もといコロナ禍で予定が空白に。口が躍る、今しか聞けない貴重な対話。

使用_20120507BN00329_トリミング済み

初めての落語配信

兼好 噂に聞いたんだけど、昨晩(4月21日)から、ユーチューブで配信を始めたんだって?

一之輔 そうなのよ。本当は上野の鈴本演芸場で、4月下席夜の部のトリを務めるはずだったんです。だから同じように30日まで10日間、生配信で落語をやろう、と。

兼好 目の前にお客さんはいないわけでしょう?

一之輔 うん、でも反応を気にしなくていいから、楽っちゃあ楽よ。というより、何を言ってもウケているように、自分のイマジネーションで補完できる(笑)。見ている人からは「やりにくいでしょう」とコメントをもらうんだけど、残念ながら見当違い。配信中のメンタルは最強。頭の中で、俺は爆笑王ですよ。

兼好 そうなのか(笑)。それにしても無観客なのに、噺の最後までよくたどり着くよね。稽古でさえ途中で止まっちゃうじゃない?

一之輔 それは飽きちゃって?

兼好 うん、自分で飽きちゃう。

一之輔 そこはやっぱり、メンタルの強さよ。というより普段は家で座って稽古なんかしないから、いい機会ですよ。なんかね、新しい扉も開けてきた。普段言わねえこと言ってるぞ、っていうね。

兼好 なるほどね。あとは「これ、ウケるんじゃないかな」と思ってやってみたら外した時の、「あっ……」ていうのもないよね。

一之輔 方向転換しようとして、さらにドツボにはまることもない。だから本当にビックリするほどウケるんです、俺の想像の中で(笑)。

画像1

三遊亭兼好

兼好 いや、実は自分も先日、初めて配信で落語をするというのを体験したんですよ。新鮮だったけど、グッタリしちゃって。驚くほど疲れるでしょう?

一之輔 そう、疲れるのよ。噺を全部丁寧にやっちゃうからね。目の前で寝る人も席を立つ人もいないのはいいんだけど、普段はお客さんが目の前にいるからこそ、雑にできる部分もあるじゃない?

兼好 お客さんの笑い声にノセられるところがあるんですよね。

一之輔 目線も自然と左右に散らすんですけど、配信だと「前を向いて喋ってくれ」とコメントが来たりする。俺たちがやってるのは『青年の主張』じゃねえんだから(笑)。

今このへんにコロナが

兼好 それにしてもこの対談が世に出る頃には、少しはコロナも収まってくれてるといいんだけどなあ。

一之輔 騒がれ始めた最初の頃は、まくらでもコロナの話をけっこうふってたんだよね。顔のまわりで腕をブンブン払って、「すみません、今このへんにコロナが」なんつって。俺たちもこれからコロナにかかったら、ちゃんと報告しなくちゃいけないんだろうなあ。

兼好 俺がかかったら大変だなあ、名前が「けんこう」だし。

一之輔 スポーツ新聞に「けんこうなのに、コロナで不けんこう」とか書かれちゃう(笑)。

兼好 ……なんて、こんなふうにコロナの話をまくらでして、お客さんも笑っていたのっていつぐらいまでだろう。

一之輔 3月下旬くらいかな。

兼好 そのあたりだと、もう危ういというか、だんだんシャレにならなくなってきてた。そこから高座も自粛で、どんどん中止になっちゃったね。俺もあまりに暇だから家で絵を落書きしてたら、娘たちが「もったいないから」と言ってツイッターやらインスタグラムやら、SNSのアカウントを開設してくれました。

一之輔 兄さんの絵は上手いどころじゃない、あれは金がとれるよ。

兼好 でもやっぱり家にばかりいるでしょう。普段から腰痛なんだけど、それでも着物の帯がコルセットがわりになっているのか、部屋でジャージのままだと治らないんですよ。家ではどうしてるの? だって、子どもがウジャウジャいるじゃない。

一之輔 ウジャウジャっていうのは感じが悪いですけど……いや実際、ウジャウジャいますよ(笑)。小学生がふたりと、中学生がひとり。もうね、規則正しいもんですよ。俺も朝飯を食べて、コーヒー飲んで、ラジオを聴きながら、子どもたちが宿題に取り組んでいるのを「ちゃんとやってっか?」なんて冷やかしたりして。

画像2

春風亭一之輔

兼好 邪魔してんじゃん(笑)。

一之輔 「うるさいな」なんてあしらわれてね。で、洗濯したり……そうそう掃除はね、学校によくある円状の、当番を回せるやつをつくっちゃった。「今日は誰でしょう〜?」なんつって。それから運動の時間。ラジオ体操みたいなのと、あとは部屋の中で柔らかいボールをパスして回す。落としたら変な踊りを10秒間踊る(笑)。

兼好 ハハハ、それはいいね。

一之輔 ねえ、のんきなもんで。そうするともうお昼ご飯。それを済ませたら買い物をして、もう夕方ですよ。「お腹が減った」と晩御飯を食って、「じゃあ寝る?」って。

カンバン_t_DSC3025

調味料がどんどん減る

兼好 毎日毎日、ほんとそんなもんだよね。俺も女房に文句を言われないように、ずっと掃除とか家事をやってます。

一之輔 夫婦の間で会話は増えたんじゃないですか?

兼好 いや、うちはこれまでもずっと、一緒にいる時は並んで同じ方向を向いてるから。なるべく向かい合わないように(笑)。

一之輔 なんだかドラマの撮影みたいだな(笑)。

兼好 だから、意外と会話は増えない。同居している次女とは増えてるかもしれないな。娘も仕事をしているから、普段は時間がずれて会わなかったのが、顔を合わすようになる。「お、役立たず」なんて言われるから、「うるさい」と返してね。

使用_t_DSC3042

一之輔 「誰のおかげでそこまで大きくなったと思ってるんだ!」とか言わないんですか?

兼好 言わない。怖いから。

一之輔 長女も含めて女3人?

兼好 そうなのよ。怖いからなるべくベランダに出て、双眼鏡でいろんなところ見て時間をつぶしてる。

一之輔 それはヤベえやつじゃないですか!

兼好 女房に家の中から「誤解されるからよして!」なんて言われてね(笑)。それにしたって気づくと米を研いで、また家事をしてる。

一之輔 醤油の減りが早いよねえ。調味料がどんどん減る。

使用_t_DSC3115

兼好 すべてどんどんなくなっていって驚くよね。で、ホッと一息つくと、『相棒』を見てる。「あっ、もう『相棒』の時間だ」って。

楽屋弁当がうまい!

一之輔 あと驚いたのは、落語会をやっていると、差し入れでクッキーとか、お菓子をいただくでしょう。もらうと楽屋じゃ食えないから家に持って帰りますよね。

兼好 そう、それがない!

一之輔 だから、お菓子を買おうかって。自分でお菓子を買ったことなんか、もうしばらくないですよ。

兼好 意外と高いんだ、なんてビックリしたりね(笑)。

使用_t_DSC3034

一之輔 この間、酒も買いましたよ、焼酎の赤霧島の瓶を。ビール以外で酒を買ったのも久々ですよ。

兼好 酒も普段買わないもんね。

一之輔 四合瓶とか一升瓶とか、たくさんいただきますからね。だからもう、酒を手銭で買うぐらい、俺も落ちぶれたかと(笑)。

兼好 俺も先日久しぶりに海苔をいただいて嬉しかったもん(笑)。

一之輔 お中元や稽古の御礼とかで、普段はよくもらいますもんね。

兼好 そういう海苔や佃煮の類が、家から全然なくなっちゃった。

一之輔 「ご飯のおとも」系が消えたんですよね。いつもいただくものがどれだけ豊かで、ありがたいものだったかと思いますよ。

兼好 ほんとにありがたいな、と身に沁みる。あんなに嫌がってた楽屋弁当も、この間、久しぶりに食べたら美味かったねえ(笑)。

一之輔 家でばかりご飯を食べてるからなんだろうねえ。家庭のご飯って、味が基本薄いでしょう。外のご飯の味の濃さは、久々に食うと格別ですよね。

兼好 「こんなに美味いんだ」って驚くよ。

一之輔 小っちゃい頃、モロゾフのプリンを初めて食ったときに、こんな美味えものがあるのかと感じたことを思い出すね。しかも器がまた使えるっていう。

使用_t_DSC3153

兼好 嘘だ! 子どもの頃は器のことまで考えないでしょう(笑)。

一之輔 いや、思ったよ。これ、ビー玉とか入れてもいいなって。頑丈で、落としても割れなさそうじゃないですか、モロゾフのあの器。

兼好 どうでもいいや(笑)。いやでもね、先日も遠方のお客さんから「東京は大変でしょう」とお米が届いたんですよ。ありがたいね。

この続きをみるには

この続き: 4,062文字 / 画像9枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、心揺さぶるノンフィクション……発行部数No.1の総合月刊誌『文藝春秋』が、あなたの人生を豊かに彩るコンテンツをお届けします。シェアしたくなる教養メディア。

文藝春秋digital

月額900円

月刊誌『文藝春秋』の特集記事&ウェブオリジナル記事が読み放題。2019年9月号以降の過去記事もアーカイブ。記事単体の購入よりもお得です。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

ありがとうございます!
42
シェアしたくなる教養メディア。100年近くの歴史がある総合月刊誌「文藝春秋」が、あなたの人生を豊かに彩るコンテンツを毎日お届けします。

こちらでもピックアップされています

文藝春秋digital
文藝春秋digital
  • ¥900 / 月

月刊誌『文藝春秋』の特集記事&ウェブオリジナル記事が読み放題。2019年9月号以降の過去記事もアーカイブ。記事単体の購入よりもお得です。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。