見出し画像

スーパー・マリオの登場|塩野七生「日本人へ」

文・塩野七生(作家・在イタリア)

ヨーロッパで言われる「ワル」には、マイナスのイメージはない。できる奴、の俗な言い方にすぎない。かえって、いい奴と言われるほうが心配で、人は良いけれど仕事となると……の意味になるからだ。

コロナで大変なのにイタリアでは、上下両院ともで過半数を維持できなくなったことで、2年半つづいたコンテ内閣は総辞職した。

民主政に忠実でありたければ、国会は解散して総選挙に訴えねばならないところだが、コロナ騒ぎの行方すら見えない状況下での政治の空白を心配した大統領は、次の内閣の首相にマリオ・ドラーギを指名した。

政党に所属したことは一度としてなく、国会議員でもないこの人は、指名の2日後には早くも組閣を終えて上下両院の信任投票に持っていく。結果は、8割以上の票を得て信任。組閣人事を見るだけでも、国会に確かな勢力基盤を持っていないこの人が、どのように国会運営をしていくのかが想像できそう。

23人になる大臣のうちの8人が非政治家で、いずれもドラーギとは友人の仲。経済関連はすべて、同志で固めたのだ。

それ以外の15人は、大統領による指名直後から支持を明らかにしていた4つの党に配分された。ただしそれも、個々の人事は実績で決めたと言っている。そして女性登用に至っては、数は関係なく実績のみで決めた、と。

こうして、ローマ生れの73歳が率いる政府がスタートしたのである。

だが、大臣たちの顔ぶれを一見するだけならば、4党のうちの2党までが前内閣では与党だった「五つ星」と民主党で、首相をコンテからドラーギに変えた理由がわからない。

ところが理由はちゃんとあったのだ。

この続きをみるには

この続き: 1,355文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、一流作家の連載小説、心揺さぶるノンフィクション……月額900円でビジネスにも役立つ幅広い「教養」が身につきます。

文藝春秋digital

月額900円

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
文藝春秋digital

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

ありがとうございます!
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に、一流の作家や知識人による記事・論考を毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事読み放題&イベント見放題のサービスです。