【86-芸能】ネットフリックス一強 本のテレビ業界は 軍門に降る手もある|牧野洋
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

【86-芸能】ネットフリックス一強 本のテレビ業界は 軍門に降る手もある|牧野洋

文・牧野洋(ジャーナリスト・翻訳家)

ストリーミング配信に国境はない

「世界で最も価値あるエンターテインメント企業」はどこか? 正解は米ウォルト・ディズニーでなく、米ネットフリックス(Netflix)だ。

映画スタジオやテーマパーク、地上波・ケーブルテレビを有するディズニーは長らくエンターテインメント企業の王者として君臨してきた。それなのに、2020年10月1日時点の株式時価総額は円換算で23兆円強であり、ネットフリックスを1兆円ほど下回っている。

新型コロナウイルスの猛威が続くなか、映像のストリーミング配信世界最大手ネットフリックスは2020年前半だけで加入者数を2600万人増やし、成長を加速させている。年初から株価は63%高になり、15%安のディズニー株を圧倒。ディズニーは2019年11月に鳴り物入りで競合サービス「ディズニープラス」を投入したのに、である。

日本のテレビ業界にとって対岸の火事と思ったら大間違いだ。国境を越えない地上波放送に競争が限定されるのならば、テレビ業界がガラパゴス化していても何ら問題はない。だが、ストリーミング配信に国境はない。

ネットフリックスは「史上初のグローバル・インターネット・テレビネットワーク」を標榜し、2015年には日本市場に参入。2020年8月末までに加入者数500万人を獲得し、たったの1年間で200万人増やした恰好だ。

強みは巨額のコンテンツ制作費だ。2019年はネットフリックス1社で153億ドル(1兆6000億円強)を記録しており、在京民放キー局5社合計(約4000億円以下)のざっと4倍。コロナ禍にありながらも2020年も140億ドル前後を維持するとみられている。

制作費が大きければコンテンツの質も高まる。2020年の米アカデミー賞では、『アイリッシュマン』をはじめネットフリックス制作の映画が計24部門でノミネートされた。ディズニーなど大手映画スタジオを上回り、制作会社別でトップに躍り出た。

制作費はどこから出ているのか。全世界で1億9300万人の有料会員が毎月払う利用料だ(ネットフリックスは広告を一切入れていない)。世界190カ国以上へ進出するグローバルプラットフォームの面目躍如といえる。

ビッグデータとAIの活用も競争力の源泉だ。ネットフリックスは「郵便DVDレンタル」としてスタートした創業時からテクノロジー企業であり、いわゆる「データドリブン(データを基にした意思決定)」をお家芸にしている。世界最高のアルゴリズム構築に向けて「世界アルゴリズムコンテスト」を主催したこともある。実際、同社は無数のデバイスから送られてくる膨大なデータを蓄積することで、加入者の視聴パターンを驚くほどの精度で把握している。どの映画のどのシーンを早送りしているのかまでも、である。これによってレコメンド(推薦)機能を高度化しているほか、オリジナルコンテンツの制作にも生かしている。

視聴率のみに一喜一憂する日本

この続きをみるには

この続き: 1,316文字 / 画像1枚
この記事が含まれているマガジンを購入する
ピンチをチャンスに変える力――それが「教養」だ! これ1つで、小論文対策をしたい高校生、レポートに困っている大学生、豊富な知識を身につけたいビジネスマンまで幅広くサポート。教養人に必須のマガジンです。

【12月1日配信スタート】毎日、朝晩2本の記事を配信。2021年の日本、そして世界はどうなる? 「文藝春秋」に各界の叡智が結集。コロナ禍で…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
文藝春秋digital

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

ありがとうございます!
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に、一流の作家や知識人による記事・論考を毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事読み放題&イベント見放題のサービスです。