新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

世界経済の革命児 カリコー・カタリン(バイオンテック上級副社長)|大西康之

ジャーナリストの大西康之さんが、世界で活躍する“破格の経営者たち”を描く人物評伝シリーズ。今月紹介するのは、カリコー・カタリン(Karikó Katalin、バイオンテック上級副社長)です。

世界経済の革命児カリコー・カタリン_クレジットはWikipediaから

カリコーカタリン
写真はWikipediaから

新型コロナ・ワクチンの開発手法を生み出したハンガリー移民

コンピューターの父、フォン・ノイマン、世界的投資家のジョージ・ソロス、インテル創業者のアンディ・グローブ。数々の天才を生むハンガリーは「異星人の国」と言われる。コロナ禍に苦しむ人類は今また、ハンガリーが生んだ一人の天才によって救われようとしている。

日本を含む世界で始まった新型コロナのワクチン接種。自国産のワクチンを使う中国、ロシア等を除くほとんどの国で採用されているのが米製薬大手ファイザーと独ベンチャーのバイオンテックが共同開発したワクチンと、米ベンチャーのモデルナが開発したワクチンだが、どちらもmRNA(メッセンジャー・リボ核酸)という人工的な物質を使う新しいタイプのワクチンだ。その手法を生み出したのが、ハンガリー生まれの女性科学者、カリコー・カタリンである。ハンガリー語は欧州で唯一、名前の並びが日本と同じ姓・名の順なのでカリコーが姓だ。

現在66歳のカリコーは40年前からRNAの研究に携わってきたが、その研究者人生は決して恵まれたものではなかった。だが今回の新型コロナ・ワクチンの開発で、mRNAはにわかに「ノーベル賞級の研究成果」と言われるようになった。

彼女が40年間、諦めずにRNAの研究を続けた結果として、新型コロナのワクチンは従来より3年近く早く開発することができた。「この技術はいつか必ず役に立つ」という彼女の信念が人類を救ったとも言える。

この続きをみるには

この続き: 1,123文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、一流作家の連載小説、心揺さぶるノンフィクション……月額900円でビジネスにも役立つ幅広い「教養」が身につきます。

文藝春秋digital

月額900円

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
文藝春秋digital

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

ありがとうございます!
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に、一流の作家や知識人による記事・論考を毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事読み放題&イベント見放題のサービスです。