見出し画像

私の安全基地|田中ウルヴェ京

著名人が母親との思い出を回顧します。今回の語り手は、田中ウルヴェ京さん(五輪メダリスト・IOCマーケティング委員)です。

私の安全基地

私の母は今年84歳。ここ数年は肺や甲状腺の手術を受けたので、陽気な母でもさすがに気弱になるかなと思いきや、コロナ禍の自粛生活や父の介護といった心疲れることにも明るく「今できること」を工夫する母です。

母の思い出といえば、やはり選手時代のことが浮かびます。私は10歳の時に競泳からシンクロナイズドスイミングに転向、ほぼ毎日練習に行き始めました。母はその頃から選手生活を送る私を支えていて、13歳でジュニア日本代表選手になってからは午前4時起きで1日4食分(朝練後、早弁、昼食、放課後)のお弁当を作り、朝練のある練習場所まで車で送り、夜練が終われば駅まで迎えにきてくれました。

この続きをみるには

この続き: 672文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、一流作家の連載小説、心揺さぶるノンフィクション……月額900円でビジネスにも役立つ幅広い「教養」が身につきます。

文藝春秋digital

月額900円

知と教養のプラットフォーム。一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
文藝春秋digital

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

ありがとうございます!
7
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に、一流の作家や知識人による記事・論考を毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事読み放題&イベント見放題のサービスです。