コロナ下で読んだ「わたしのベスト3」 読むことで旅ができる|角田光代
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

コロナ下で読んだ「わたしのベスト3」 読むことで旅ができる|角田光代

外出自粛要請が出た4月、会食や飲み会の予定がすべてなくなったので、私はずっと、友人に勧められたNetflixの韓国ドラマを見続けていた。ちょうどその時期に読んでいたのが『パチンコ』。1933年、朝鮮半島の影島から日本の大阪に渡った若き夫婦を中心に、4世代の家族を描く長編小説だ。大いなる謎や事件が仕掛けてあるわけではないのに、小説世界に引きこまれて夢中で読んだ。描かれている人たちが全員、生き生きと息づいている。特殊な強靱さを持つ人たちではない、でもだれもが自分の人生を生き、ときにはあらがい、宿命にのみこまれていく。人生の残酷な理不尽に、だれもがちっぽけな「生」を賭けて闘っている。その強さが、私が見続けた韓国ドラマと共通していた。コロナ禍の私には必要な強さだったのだろう。

ブルックリンのシェアハウスに暮らす若者たちを描いた『サンセット・パーク』でも、みんな生きている。語り手のマイルズ・ヘラーもほかの男女も、人生の王道から外れ、だれとも共有できない痛みを抱え、なんとか日々をやり過ごしている。出版社を営むヘラーの父や、彼の友である作家といった大人たちもまた、悩み、迷い、揺れ続けているので、サンセット・パークの住人たちの痛みは、若さゆえのものではないことがわかる。それでも小説全体に、大いなるやさしさが貫かれていて、読後、気持ちがふっと軽くなる。

林芙美子や宮沢賢治の足跡を追いつつ、陸の境界サハリンを旅する『サガレン』を何気なく手に取って、気がつけば、すがるみたいにして読み耽っていた。列車や車の窓から見える景色も体験でき、その地に流れる時代の変換も味わうことができる。とくに、宮沢賢治の足跡を追う章の、ミステリー小説みたいな展開に引きこまれ、宮沢賢治という作家の人間的な体温に触れた気がした。ときどき本から目を上げて、東京の空に、見たことのないサハリンの高い澄んだ空を重ね、読むことで旅のできる幸福を噛みしめた。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
文藝春秋digital

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

ありがとうございます!
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に、一流の作家や知識人による記事・論考を毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事読み放題&イベント見放題のサービスです。