見出し画像

「電子の箱」の一辺の長さ=1兆分の157メートル 佐藤健太郎 数字の科学

文藝春秋digital
サイエンスライターの佐藤健太郎氏が世の中に存在する様々な「数字」のヒミツを分析します。

「電子の箱」の一辺の長さ=1兆分の157メートル

「電子書籍」「電子計算機」などなど、電子という言葉は身近でも気軽に使われる。だがその電子とは、いったいどのようなものなのだろうか。実のところ、物理学者の中にも電子を直接見た者はいない。その大きさや所在さえもはっきりせず、ぼんやりと広がった極小の雲のような存在だというのだから、実に掴みどころのない話だ。

そんな電子を捕まえ、閉じ込める箱が、東京大学などのグループによって作り出された。極小の素粒子を幽閉できる箱だから、そのサイズも一辺わずか1兆分の157メートルでしかない。炭素原子8個が、立方体の形に連結した分子がその本体だ。この立方体の頂点8箇所に、電子を強く引き込む力があるフッ素原子を取り付けると、電子を内部に閉じ込められるようになる。このことは、以前から理論的に予測されていた。

この続きをみるには

この続き: 586文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、一流作家の連載小説、心揺さぶるノンフィクション……月額900円でビジネスにも役立つ幅広い「教養」が身につきます。

文藝春秋digital

¥900 / 月

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
文藝春秋digital

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!