同級生交歓

同級生交歓|東京都立淵江高等学校(昭和56年卒)

人の一生を左右するのは校風か、学歴か、友人か。意外な組み合わせ、納得の顔ぶれが並ぶ“誌上同窓会”。「文藝春秋」の名物グラビア企画です。

(右から)

国際山岳ガイド 近藤謙司

作家 朱川湊人

画像1

東京都足立区 淵江高等学校にて(撮影・深野未季)

 淵江高校は、お世辞にも交通の便がいいとは言えず、生徒の大半が自転車で通学していた。私も家から通えるという点に惹かれて進学したのだが、ユルめの校風がピッタリ合って、とても楽しい高校生活を送らせてもらった。

 現在、国際山岳ガイドとして著名な近藤謙司くんは、同級生の1人だ。七大陸最高峰登頂達成などの偉業で知られている彼であるが、私としてはロックバンドでドラムを叩いているイメージの方が強い。彼は高校入学時にはすでに新宿ACBなどのステージに立っていて、やはり一歩先を行く男だった。

 その彼が登山に傾倒する切っ掛けになったのが、高校山岳部での活動だったというから嬉しくなる。ちなみに私も文芸部で地味に小説を書いていたので、2人とも淵高で過ごした日々が、人生の大きな礎になったのは間違いないだろう。(朱川)



【編集部よりお知らせ】
文藝春秋は、皆さんの投稿を募集しています。「#みんなの文藝春秋」で、文藝春秋に掲載された記事への感想・疑問・要望、または記事(に取り上げられたテーマ)を題材としたエッセイ、コラム、小説……などをぜひお書きください。投稿形式は「文章」であれば何でもOKです。編集部が「これは面白い!」と思った記事は、無料マガジン「#みんなの文藝春秋」に掲載させていただきます。皆さんの投稿、お待ちしています!

▼月額900円で月70本以上の『文藝春秋』最新号のコンテンツや過去記事アーカイブ、オリジナル記事が読み放題!『文藝春秋digital』の購読はこちらから!

★2020年2月号(1月配信)記事の目次はこちら

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

ありがとうございます!
6
シェアしたくなる教養メディア。100年近くの歴史がある総合月刊誌「文藝春秋」が、あなたの人生を豊かに彩るコンテンツを毎日お届けします。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。